誕生日おめでとう!○○くん。良い一年にしてね。

突然、乾いた音が鳴り響きました。このご時世、テロが多発しているので楽観視はできません。すぐに、家の前の道を確認しました。何人かの通行人が、驚いた表情をして辺りを見渡しています。そして、安全を確認すると、そのまま通り過ぎていきました。そこには、小学生くらいの少年グループが、クラッカーを持って騒いでいる姿がありました。「ハッピーバースデー、○○くん」と、叫んでいます。心の中で「おめでとう」と言い、読書に戻りました。後で、クラッカーのゴミを片付けないといけないようです。せっかくの誕生日だから、今日だけは注意をするのはやめておきましょう。暫くすると、飼い猫のミルクが足元に寄ってきました。猫には悪い気もするが、誘惑にかられて足を伸ばしました。素足に感じるフワフワとした感触と、温かさは最高です。踏むのではなく、そっと撫でるのです。猫には足でも手でも関係なく、喜んでくれているようです。午後の日当たりの良い部屋で、静かな時間を過ごすことができました。脱毛ラボ 店舗